指名料が無料になる風俗店

時には自分に厳しくです

時には自分に厳しく、風俗を我慢する時もあります。まぁこれは我慢と言うか、次の風俗でより満足するための方法と言った方が良いかもしれません(笑)あまりにも頻度が短くなってくると、結局の所自分でも慣れちゃうんですよね。でもたまに遊ぶくらいの方が新鮮な気持ちが出てくるものじゃないですか。そして、新鮮な気持ちがドキドキ感とか刺激に繋がると思うので、より高い満足感を得られるようになると思うんです。つまり、女の子に何をされるのかだけじゃなくて、気持ちを含めたトータルパッケージで考えるのも大切なことなんじゃないかなって思うんですよ。だからこそ、風俗を楽しむ時には自分でも我慢して、女の子や快感への免疫を低下させることによって、風俗での時間がより刺激的なものに感じることが出来るようになるんですよ(笑)こうすることによって、自分でも信じられないくらい楽しめるので、風俗にマンネリ感がある人にもお勧めの手法ですよ(笑)

フィットネスのインストラクターでした

この前遊んだ風俗嬢、知り合いでした。友達って訳じゃなくていつも足を運んでいるフィットネスクラブのインストラクターだったんですよ。彼女のエアロビクスとかにも参加したことがありました。だからお互い顔は知っているって所ですかね。確かに冗談で「インストラクターだけでは食べていけません」みたいなことは言っていたんですけど、まさかそれで風俗で働いているとは思わないじゃないですか(笑)だから結構びっくりしましたよね。彼女も微妙にこちらのことに気付いたのもあって、当初はかなり気まずい空気が流れていました。でも、今思えばあの気まずい空気もあまり味わえるものではないので良かったんじゃないのかなって(笑)まさか…でもこれから…とか、自分は何も悪いことをしていないですし、それを言うなら彼女だって別に何も悪いことをしていないんです。でもあの空気になるってことは、やっぱり何かしら思うことがあって…とか考えて、かなり興奮したプレイになりました。